間違ったダイエットが体臭の原因となる?

女性でも男性でも、美しくいたい、健康でいたいと思うkとは当たり前です。そしてそのためにダイエットをするというのもまったく何ら問題ない思考だといえます。しかし、何事もやりすぎは禁物なもの。ダイエットも行き過ぎてしまったりやり方を間違ったりしてしまうと体臭を生み出してしまうこともあるのです。

過度な食事制限が生み出す体臭

本来のダイエットというのはきちんとバランスの良い食事をしつつ、ある程度の食事制限をし、かつ運動をすることによって効果を得るものです。
ですが、どうしても食事制限のみでダイエットをしようとする人が多いのが現状です。

 

食事制限のみでダイエットをしようとすると、身体は摂取カロリーが減ってしまったがためにエネルギー不足に対処しようと基礎代謝を低下させます。これによりさらにやせにくい身体になってしまうのです。

 

さて、こうして代謝が低くなってしまった身体は熱をうまく生み出せなくなります。すると他の経路でエネルギーを得ようとし始めるのです。その過程でできるのが乳酸です。この乳酸がアンモニアと一緒に汗に出て行くことになるのです。そのため、体臭がアンモニアくさくなってしまうのです。

 

甘酸っぱいケトン臭

間違ったダイエットをそのまま続行していくと、血中にケトン体と呼ばれるものが増加していきます。
このケトン体は甘酸っぱいニオイをもっており、口臭として、汗から体臭として、そして尿の中にも排出されてニオイを発します。
自分でも気づくレベルになってくるニオイですが、なかなかダイエットが原因だということに気づく人は少ないものです。

 

食事制限のみで体重を落とすのは身体にとっては非常に危険なものです。
せっかくダイエットに成功しても、体調を崩してしまったり体臭がきつくなってしまっては意味がなくなってしまいます。
「あれ?体臭…?」と思ったらダイエットが間違っているのだというサインに気づき、正しいダイエットでキレイで健康な身体を手に入れましょう。

 

<関連記事>