体臭の原因は食べ物かも…?

 

体臭を気にしている人は、まず自分の食生活を見なおしてみましょう。
実は、あなたの食生活の中にニオイのもとがあるかもしれませんよ?

食生活が原因になっているのは…

体臭は、アポクリン汗腺から出る脂肪や、皮脂腺から出る脂肪酸が原因となっていることが多くあります。
特に皮脂腺から出る脂肪酸が原因の場合、食生活が原因になっていることが多くあるといいます。

 

この脂肪酸が多くなるのは、動物性タンパク質や動物性脂肪を多く代謝した場合です。
肉ばかり食べていたりする人や野菜を食べない人はこの場合が多くあります。ですので、食生活をバランスの良いものに改善することで体臭を抑えることができるというわけです。

 

なぜ食生活が乱れるとニオイが出るのか

ニオイのもとになっている動物性脂肪や動物性タンパク質は大腸で細菌によって腐敗していきます。この過程でニオイ物質を作り出して、これが体臭となるのです。
特に悪玉菌であるウェルシュ菌や大腸菌によって分解されるとアンモニアやアミンなどが創りだされてしまい、体臭の他にさまざまな疾患の原因になることもあります。

 

これらの悪玉菌は私達の身体には必ず存在しているものであり、悪玉菌を排除することはできません。ですから、動物性脂肪や動物性タンパク質を摂取する量を減らしたり、善玉菌であるビフィズス菌などを増やすようにすることでニオイを改善することができるというわけです。

 

できることから始めていけば体臭は少しずつ軽減されていきます。
とはいえ、肉を一切食べないというのも問題です。バランスよく、肉や野菜を食べ、身体に良いといわれる食物繊維を摂取するようにしていけば良いでしょう。

 

<関連記事>