加齢臭の原因とは?

40代を過ぎた男性が特に気にするのが「加齢臭」です。
お父さんクサイ!と言われたくない…とニオイを気にするお父さんがたも増えてきているとか…。
そんな加齢臭ですが、詳しくは知られていないのが現状です。
あなたは加齢臭の原因、知っていますか?

加齢臭の原因は?

歳をとってくると人間の身体には老いが生じます。それは血管にも同じことが言えるのです。
年齢を重ねると血管の中にコレステロールなどの老廃物が溜まりやすくなっていくのです。加えて皮脂腺から出る脂肪の量も増えていきます。
40歳が境目と言われていて、ここを過ぎると皮脂中の脂肪が多くなってきます。この脂肪が細菌によって分解されたり、酸化したりするとノネナールという成分が発生します。これこそが加齢臭の犯人なのです。
さらに活性酸素への抵抗力も落ちてきてしまい、脂肪の酸化を防ぐ力も弱くなってきてしまうため、結果として加齢臭が発生しやすくなるというわけです。

 

食生活にも原因アリ

男性は特に肉や乳製品といった動物性のものを好んで食べる傾向があるといいます。
これらを摂取しすぎてしまうと皮脂腺からの脂肪がさらに増えてしまい加齢臭が加速します。
普段の食生活をきちんとバランスの良いものにし、野菜なども摂取するように心がけることが大切です。

 

食の欧米化が進んだこと、仕事などのストレスが多くなっていることなども加齢臭の原因になっているようです。
ですが、原因がわかれば対策もしやすいというもの。
まったくの無臭を目指す必要はありませんが、ある程度周囲が不快にならない程度には抑える努力をするのがよいといえるでしょう。

 

<関連記事>